ご祈祷

子どもが無事に育ちますように。家族が円満でありますように。
そう祈る心はだれもが持っていることでしょう。
ご祈祷とは、その願いに神様のご加護をいただけるよう、神職の祓いによって罪や穢れを取り払い、
御神前にて心静かに祈念することです。
神様と皆様の仲執り持ちとして神職がお願いごとの祝詞を奏上いたします。
当社では神様との縁をより深めていただくため、できる限り一組ずつお受けいたしております。

安産祈願


妊娠5ヶ月目の戌の日に、子供を授かったことを感謝し、元気に生まれ丈夫に育つよう願いをこめて岩田帯をしめる習わしがあります。これは、犬が安産で子犬の成長が早いことにあやかるものです。腹帯をお持ちいただければ神前にお供えし、お祓い、お清めいたします。

初宮参り


お子様が無事に誕生したことを感謝し、これからも健やかに成長するように産まれて初めて神社にお参りするのが初宮参りです。一般的に、男児は生後31日目、女児は33日目にお参りするといわれておりますが赤ちゃんの体調も考えてあまり日数にこだわらずにご参拝ください。

七五三詣り(11月中)


今まで無事に成長したことを感謝し、今後も健やかであるように神前に詣でる行事です。古くは公卿や武家の間で、男女3歳で髪置、男子5歳で袴着、女子7歳で紐解と称したお祝いの儀礼です。現在は、男の子が3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお参りするのが一般的です。

祝詞は神徳を称え、神職が神様に奏上する言葉で、祈願の成就をお願いする意味が込められています。日本では言葉に霊力が宿っていると考えられてきました。いわゆる言霊です。したがって言葉を口に出すことが大切であり、祝詞は独特の節回しで一字一句丁重に奏上されます。

厄払い


厄年は、一定の年齢に達し社会的にも重要な役割を担うようになる頃、それと相まって心身の疲労・病気・厄難・災難が起こりやすい年齢といわれています。その前後三年間を前厄・本厄・後厄と称し、古来よりこの間は何事も忌み慎み、心身を清めるためご祈祷を受けたのが始まりです。厄祓いは、お正月から節分の間に行う方が多いようです。これはお正月を迎えるごとに歳を重ねるという日本人の習慣から来ていますが、誕生日前後にご祈祷されてもかまいません。

男性 女性
前厄 24歳 41歳(大厄) 18歳 32歳(大厄)
本厄 25歳 42歳(大厄) 61歳 19歳 33歳(大厄) 37歳 61歳
後厄 26歳 43歳(大厄) 20歳 34歳(大厄)

年祝い


還暦

長寿の祝いで、60歳で生まれた年と同じ干支に還ることから還暦と言われております。干支が一巡して元に戻る、即ち赤ん坊に還るという意味合いから赤い頭巾やちゃんちゃんこ、座布団を送って祝う習慣があります。還暦の他に古希(こき)70歳・喜寿(きじゅ)77歳・傘寿(さんじゅ)80歳・米寿(べいじゅ)88歳・卒寿(そつじゅ)90歳・白寿(はくじゅ)99歳などがあります。無事に人生を送れたことへの感謝と喜びを神様にご報告し、家族そろってお祝いをしましょう。

神前結婚式


神様の前で結婚を報告し、これからのお二人の決意を新たにしていただく式です。お二人だけの式や巫女や楽人をいれての式などささやかながらご協力させていただきます。式次第は、祝詞、三々九度、指輪交換、誓詞などです。結婚25年目の銀婚式や50年目の金婚式などについても同様にとり行っております。

衣装のレンタルや着付けなどのサービス、披露宴の開催につきましては取り扱っておりません。

その他


家内安全、商売繁盛、病気平癒、交通安全、自動車祓い、地鎮祭、事務所祓い、御霊移しなどの出張祭典もお受けいたします。